人気ブログランキング |

手作りの部屋

patiwork.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

D&Sのガトーベーカー

最近、D&Sのガトーベーカーを買いました。

このお店のココットやグラタン皿、キャセロールなんかがすごく気になっていて、やっと手に入れまし

た。私の買ったのは、ケーキ用ですが、グラタンやドリアなんかもいいみたい。

中側がフッ素コーティングされているので、焦げ付きません。

今日は、バナナケーキを試しに焼いてみました。

小麦粉の代わりに米粉、バターの代わりにオリーブ油で。

かなりヘルシーで、なかなかのお味でした。

a0239200_21135362.jpg


赤の色が可愛いでしょ。

裏はこんな風。

a0239200_2115833.jpg


バナナ1本がこんな風に変身しちゃいました。

オーブンで20分くらいで焼けます。

a0239200_2117137.jpg


関東は今日も34度でしたが、この可愛いガトーベーカーで楽しい気分で過ごせました。
by patipatiwork | 2012-08-28 21:20 | 生活

箱根旅行。

24日の午後から一泊で箱根湯本温泉に行きました。

社会人で別居している娘との二人旅です。

温泉入って、美味しいものいっぱい食べて、せっかくだからエステ(旦那様抜きの旅だからこそ実

現)も、楽しんできました。

今回持って行ったバッグはこれ。

オレンジピールのパターンを取り入れました。この部分には、ハンカチ、手帳、飴ちゃん、ティッ

シュなどを。ショルダーにして肩から下げているので、日傘もさせます。

a0239200_2041291.jpg


両横にポケットもつけて、携帯電話や扇子などを簡単に出し入れできるようにしました。

a0239200_2043409.jpg


裏には、ファスナーをつけて長財布を入れます。

a0239200_20452423.jpg


結構いっぱい入るので、とても便利でした。
by patipatiwork | 2012-08-27 20:56

ひんやりデザート。

毎日毎日、暑いを連発。

今日は午後から箱根へ。

楽しい温泉が待っています。・・・この暑いのに、冷蔵庫を始末しなくては。

なんて、一泊だけですが、冷蔵庫の豆乳を使い切るために、豆乳餅を作りました。

a0239200_1012562.jpg



材料は豆乳と片栗粉、抹茶ときな粉、黒蜜で簡単にできます。

早速冷やして、お昼御飯の代わりにいただきます。

ひんやり、つるんとしていて、食欲のない時は重宝します。

a0239200_10152241.jpg


こんな風に頂くと、食欲わきません?
by patipatiwork | 2012-08-24 10:18 | 生活

暑過ぎる・・・・。

今日、関東は34度・・・。

もう空気はメラメラしていて、外は誰もでていない・・・。

もう、節電なんて言ってられない。

クーラーガンガンにかけて、家の中を涼しくする工夫しました。

モンステラの葉をデザインしたハワイアンキルトのテーブルセンター。

a0239200_2112623.jpg



この上に、タマシダとアスパラの寄せ植えをロープで作った鉢カバーの中にいれて。

これは、太いロープにバイヤスで包んだ布をぐるぐると巻き付けたもの。布は端切れを適当につない

でただひたすらに巻いていくもの。

a0239200_2155897.jpg


で、こんな感じです。

どうでしょう。少し部屋が涼しくなったような気がしません?

a0239200_2181135.jpg

by patipatiwork | 2012-08-23 21:11 | 生活

ホンコンカボック。

今日も残暑厳しい一日でした。

昨日一日お出かけしていたので、家でのんびり。

我が家は、一年くらい前にホットスポットで有名になった柏市にあります。

ご近所の方が放射線計量器を貸してくださって、家の中で一番過ごす事の多いリビングを計りました。

簡易式という計量器で測定したら、一時間に0、114μSvという事で、ちょっと安心しました。

家の中に植物があるといいのかもしれません。

これ、ホンコンカボックっていいます。

この鉢カバーにしてあるのは、小物入れです。

a0239200_17484397.jpg


小物入れとして使うときは、鍵だとかはんこだとかをちょっと入れておくものに重宝しています。

蓋の部分は、厚いプラスチック板を中に入れて案外しっかりしています。

a0239200_1754462.jpg


脇の部分は、正方形と三角形のパッチワーク。こうやって、写真にすると、糸の色を替えていないの

がよくわかって、恥ずかしいです。

a0239200_17581994.jpg

by patipatiwork | 2012-08-21 18:02 | 生活

今日の成果。

今気になる事。

それは、10月にイタリアに旅行する事。

私の海外旅行は、一番遠くてベトナムまで。腰痛持ちなので、長時間の同じ姿勢に耐えられるかどうか

心配で、今まで近場ばかりでした。

今回、勇気を出して初ヨーロッパに挑戦。となると大きなスーツケースが・・・・。

家には夫の紺色のものしかありません。この際だからピンクかなんかの派手なものを入手すべき?

なんて、考えながら、いろいろ見て歩くと・・・・。良いものはそれなりにお高い。

で、今回行って次があるのか疑問の私。

同じようなスーツケースを目立つようにするにはと 考えました。

スーツケースにつけるベルトに目立つシールのような物を・・・。
a0239200_182064.jpg


犬の図案を考え、パッチワークではなく、ミシンキルトに。

機内持ち込みでないとボーンと放り投げられる筈だから、ミシンのステッチでしっかりと。

今回の図案もヨークシャテリアにならなかった。・・・なんでだろう。可愛い気持ちがありすぎて、

なかなか図案にならない。

ベルトにつけるとこんな風。

この図案はオリジナルだから、目立つはず。

暑い日曜日、今日の成果はこれ。

a0239200_18282875.jpg

by patipatiwork | 2012-08-19 18:31 | 生活

涼しげなコースター。

今日は一日曇り空。

いまいちのお天気でも、湿度が高く蒸し暑いです。

ダンスクで買ったガラスの器で涼をとります。この器、形も色も人目惚れ。

飲み物だけでなく、ヨーグルトやアイスクリームなどを入れてもとても便利です。

このコップの下のマットは、モンステラの葉をフエルトで象ったもの。
a0239200_1623560.jpg

なんと、100円ショップでランチョンマットとして売られていたものをひとつひとつ切り離したもの。

a0239200_16323685.jpg


なので、この葉っぱのコースターは家中のいたるところに置いてあります。

そして、窓際には、サボテンのパッチワーク。

これに待ち針を挿してなんとなくそんな感じを。

涼を呼ぶというより、灼熱の暑い感じになってしまうでしょうか。

a0239200_16282232.jpg

by patipatiwork | 2012-08-18 16:36

玄関の花で、涼を。

残暑厳しいです。

こんなに暑い暮らしの中で、お花を飾ってもなかなか長生きしてくれません。

先日、アンスリウムの白い花鉢を買いました。

この花って、時間がたってくると、先の黄色い棒状の部分に小さなこぶができてきます。

これがでてくると、切り花にしてアレンジします。
a0239200_1235918.jpg



この花の先を良く見てください。小さなこぶがいっぱいついているのが、わかります。

この花を入れている鉢カバーは、ロープみたいなひもをお気に入りの布で包んで、それを何本も重ねて、バケツのような形に仕上げています。

a0239200_12395942.jpg


それだけではちょっと淋しいので、布で作ったコサージュをつけました。
これは、単独で小物入れにしても。

こんな小さな針刺しも添えています。
これは、ペットボトルの蓋を応用したもの。鮮やかな布でキルト綿を囲って、5等分に糸で花弁のようにしたもの。

a0239200_12471652.jpg



これが、切り花にしているアンスリウムの大鉢です。

a0239200_12502889.jpg
by patipatiwork | 2012-08-17 12:52

もう一つボトルカバー作ってしまいました。

先日のボトルカバーの出来が良くて、気をよくしてまた作りました。

今度は、ハワイアンキルトの手法で。

一年中持てるように、カラフルな色ではなく、地味なトープカラーで。

a0239200_18315675.jpg



この図案は、アンスリウムの葉と花をヒントに考えました。

前回の底部分は、中側で処理したので、とても縫いにくく丸い感じだったのですが、今回は外側でジョイントしたので、作りやすかった。


a0239200_18363978.jpg

このような裏底です。

まだまだ暑さが続いているので、しばらくは役立ちそうです。
by patipatiwork | 2012-08-16 18:40

メイフラワーのパターンで作るボトルカバー。

今日は久しぶりに湿度80%を超える蒸し暑い日でした。
旅行から、帰ってからチクチクとまた作品を作りました。

いつも外出の際に忘れずに持って歩くペットボトル。冷蔵庫から出してすぐだと結露がいっぱいでバックの中が濡れてしまいます。
いつも市販のペットボトルカバーか、ハンカチタオルに包んで持って歩きますが、やっと自分で作ったものに(バックは山ほど作るのに、これまでこのカバーは作った事なかった。)入れる事ができます。

a0239200_1741738.jpg

a0239200_17421912.jpg



500mlのボトルにピッタリ入るように採寸して、出来たのがこれ。
by patipatiwork | 2012-08-12 17:46